MessengerとInstagramのメッセージング機能の統合が開始

messenger instagram

messenger instagram
 
Facebookは、同社が運営するMessengerInstagramメッセージング機能をひとつに統合できる新たなオプションを追加した、と米メディアThe Vergeが伝えています。

メッセージの送信はまだできない?

The Vergeが確認したところによると、InstagramのiOSアプリとAndroidアプリの両方でメッセージング機能のアップデートが行われ、チャットをよりカラフルにする機能や、より多くの絵文字反応の追加と同時に、「Facebookをやっている友人と会話する」という選択肢が加えられたとのことです。
 
一度Instagramのメッセージング機能のアップデートを行うと、InstagramのDMアイコンが、Facebook Messengerのロゴに置き換えられます。Instagramのチャットはよりカラフルになり、スクロールするに従って青色から紫色にメッセージが変わりますが、InstagramからFacebookユーザーへのメッセージの送信はまだ実装が完了していないとのことです。

メッセージング機能の統合は前から計画されていた

Facebookは、同社運営のMessenger、WhatsApp、Instagram Directの3つのメッセージングアプリの統合を以前から視野に入れており、やがては中国のWeChatのように、動画共有、アポ取り、レストランの評価、配車サービスの利用などをすべてメッセージングプラットフォームの中で行える状態を目指している、と昨年報じられました。
 
メッセージング機能の拡大において、最大のライバルになるとされているのは、意外にもAppleの「メッセージ」アプリです。英語圏ではiMessageとして知られるアプリは、iPhoneに標準インストールされており、非常に多くのユーザー数を誇っているためです。
 
Facebookがこの先、複数のプラットフォームのメッセージング機能をひとつにまとめるかどうかは定かでありませんが、今回の動きはメッセージング統合化の第一歩であるとみられており、今後の動向が注目されます。
 
 
Source:The Verge via AppleInsider
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次