トップページ > 最新情報 > 海外メディアによるSONY WH-1000XM4の初期レビュー結果
2020年8月7日 22時20分

読了まで 227

海外メディアによるSONY WH-1000XM4の初期レビュー結果

WH-1000XM4_12
 
Tom’s Guideが、発表されたばかりのWH-1000XM4のレビュー結果を取り上げています。日本での販売予定日は9月4日となっているため、これらのレビューは購入を検討する場合の参考になりそうです。

複数の海外メディアのレビューによる評価

Tom’s Guideが、複数メディアによるWH-1000XM4のレビュー記事を取り上げています。各メディア毎の評価は下記の通りです。
 

What Hi-Fi?のレビュー結果

長所
 

  • 視聴してすぐに、これまでよりも音場の広がりを感じた。
     使い勝手を向上させる新機能を搭載している
  •  
    短所

  • 防水・防塵対応ではないので、エクササイズ中の使用は
     推奨できない
  •  

    Wiredのレビュー結果

    長所
     

  • ノイズキャンセリング性能が大きく向上している
  • 音質、装着時のフィット感も良好
  •  
    短所

  • aptX HDコーデックをサポートしなかったこと
  • 高域の音質に硬さを感じる
  •  

    Laptop Magのレビュー結果

    長所
     

  • 音質と、ノイズキャンセリング性能に優れた製品を探しているなら
     購入検討リストのトップにくるだろう
  •  
    短所

  • タッチコントロールは慣れるまでに時間がかかりそう
  • 音量を調整しようとして、次の曲にスキップしてしまうことがあった
  •  

    Tech Radarのレビュー結果

    長所
     

  • ヘッドホンの脱着に応じて音楽が一時停止・自動再生するのが便利
  • スピーク・トゥー・チャット機能によって、会話するときに
     ノイズキャンセリングレベルが自動調整されるのが印象的
  •  
    短所

  • 前モデルのWH-1000XM3との外観の違いが、よく見ないとわからないこと
  • ゆったりとした装着感と、防水・防塵対応ではないことから、ジムでの
     使用はためらわれる
  •  

    Engadgetのレビュー結果

    長所
     

  • 再設計されたイヤーパッドによる、圧迫の少ない快適な装着感
  • WH-1000XM3を上回り、完璧なノイズキャンセリングヘッドホンに
     近づいた
  • 洗練されたデザイン、改善された音質、新機能の搭載によって、
     優れたヘッドホンリストのトップに位置する製品だ
  •  
    短所

  • スピーク・トゥー・チャットが咳やくしゃみでも起動してしまう
  • 先行体験・展示を実施中

    ソニーはWH-1000XM4の先行展示をソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、本日8月7日より実施しています。
     
     
    Source:What Hi-Fi?, Wired, Laptop Mag , Tech Radar, Engadget via Tom’s Guide
    Photo:ソニー
    (FT729)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる