トップページ > 最新情報 > SONY WH-1000XM4発表〜先行体験・展示を実施、価格40,000円(税別)
2020年8月7日 11時00分

読了まで 225

SONY WH-1000XM4発表〜先行体験・展示を実施、価格40,000円(税別)

WH-1000XM4_06
 
ソニーは日本時間2020年8月7日、新型ノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM4を発表しました。発売予定日は9月4日、価格は40,000円(税別)です。

SONY WH-1000XM4の特徴

WH-1000XM4の主な特徴は下記の通りです。
 

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現

WH-1000XM4_03
 
WH-1000XM4はヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサーで効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を搭載しており、WH-1000XM3と比較し、人の声などの中高音のノイズをより効果的に低減します。
 

高音質技術DSEE Extremeにより実現したハイレゾ相当の高音質

WH-1000XM4_04
 
WH-1000XM4に搭載されたDSEE Extremeは、従来のDSEE HXよりも楽曲本来の高音域の周波数スペクトルを忠実かつ最適に復元し、CD音源やMP3などの圧縮音源、音楽や動画などのストリーミングサービスを、よりクリアで躍動感あるハイレゾ相当高解像度音源にアップスケーリングします。
 

リスニング環境に合わせたスマートな機能の強化

SONY WH-1000XM4_07
 
WH-1000XM4は「スピーク・トゥ・チャット」を搭載、ユーザーが会話を行うとそれを自動認識して再生中の音楽を停止し、外音取り込みモードに切り替えます。
 
スマートフォン専用アプリ「Sony Headphones Connect」をインストールしたスマートフォンの各種センサーを利用し、ユーザーの行動に合わせてノイズキャンセリング機能や周囲の音の取り込み方を自動で切り替えることが可能です。
 

イヤーパッド形状を見直し、装着感を改良

WH-1000XM4_05
 
イヤーパッドの形状が見直されており、耳に当たる面積を「WH-1000XM3」から拡大し、側頭部にかかる圧力を軽減したことで、WH-1000XM4はより柔らかな装着感を実現しています。
 
当製品の重量は、右側のハウジングに搭載したタッチセンサーコントロールパネル用センサー類などを追加しながらも、軽量な約254グラムを実現しています。
 
SONY WH-1000XM4の発表を行ったライブ中継動画は、下記から確認できます。
 

先行展示の実施

ソニーはWH-1000XM4の先行展示をソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、本日8月7日より実施します。
 
また、「WH-1000XM4」の魅力をマーケティング担当者とソニーストアのスタッフが紹介するライブ配信が、8月7日午後7時より実施予定です。
 

 
 
Source:ソニー製品情報, プレスリリース
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる