2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone12のディスプレイには、120Hz駆動IC自体が搭載されていない?

    iPhone12 120Hz

    iPhone12 120Hz
     
    ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCCの最高経営責任者(CEO)ロス・ヤング氏が、「iPhone12のディスプレイには、リフレッシュレート120Hzを実現するためのドライバIC自体が搭載されていない」と投稿しています。この情報が正しければ、iPhone12の有機EL(OLED)ディスプレイはリフレッシュレート120Hzに対応しているが、ソフトウェアで無効化されているだけとする自称リーカーの情報は間違いということになります。

    リフレッシュレート120Hz用のドライバIC未搭載

    ヤング氏が情報筋から入手した情報によれば、iPhone12用のOLEDディスプレイにはリフレッシュレート120Hzを実現するためのドライバIC自体が搭載されていないとのことです。
     


     
    DSCCは以前、今年発売予定の120Hz以上対応スマホのリストにiPhone12 Proシリーズを記載していましたが、その後リストを修正し、iPhone12 Proシリーズを削除していました。

    ソフトウェアで60Hzに抑えているだけ?

    iOS14のベータ版から、ディスプレイの最大フレームレートを60Hzに制限するとのオプションが発見されたことで、複数のTwitterユーザーが「iPhone12のOLEDディスプレイは120Hzに対応しているが、ソフトウェアで制限しているだけ」と投稿していました。
     
    ヤング氏の情報通りリフレッシュレート120Hzを実現するためのドライバICが搭載されていなければ、ソフトウェアを改造して有効化することも無理ということになりそうです。
     
     
    Source:Ross Young/Twitter, Apple RUMORs (LEAKS)/Twitter, Jiorīku/Twiter
    Photo:Apple Hub/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次