トップページ > Mac > MacでiPhoneをWebカメラとして使用するには?無料アプリを活用
2020年7月31日 16時10分

読了まで 21

MacでiPhoneをWebカメラとして使用するには?無料アプリを活用

Reincubate Camo
 
新型コロナウイルスの影響でリモートワークや自宅学習の割合が以前よりも高まり、Zoomなどビデオ会議を利用する機会が増えましたが、パソコンに内蔵されているWebカメラの品質がいまいちと感じている人は多いかもしれません。Mac専門誌のMacworldは、Mac使用時にiPhoneをWebカメラとして使用する方法を紹介しています。

「Camo」というアプリを活用

MacでiPhoneをWebカメラとして使用するのに、Macworldは「Reincubate Camo」という無料アプリを推奨しています。
 

camoReincubate Camo
カテゴリ:ユーティリティ
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
iPhoneをWebカメラとして設定する手順は以下のとおりです。
 

  1. 「Camo」のiOSアプリをiPhoneにダウンロードする
  2. (ソース元リンクから)「Camo」のMacアプリをコンピュータにダウンロードする
  3. Macバージョンの「Camo」をコンピュータで立ち上げ、iPhoneをケーブルで接続する
  4. ポップアップウィンドウで2つのアプリの同時使用を許可する
  5. 「Camera settings」でソースデバイスをiPhoneと選択し、フロントカメラと自撮りカメラどちらを使用するかを選ぶ

 
Macworldによれば、課金なしの状態では720p HDまでしか使用できず、動画に「Camo」のウォーターマークが入るとのことです。
 
「Camo」を介したiPhone Webカメラは、Zoom、Meet、Microsoft Teams、Slack、Skype、Twitchなど幅広いビデオ会議サービスに対応していますが、FaceTimeやSafari上のブラウザベースの通話では利用できないようです。
 
 
Source:Reincubate via Macworld
(lexi)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる