トップページ > 最新情報 > ライブ配信も?ティム・クックらGAFAのCEOが7月29日の議会公聴会に出席予定
2020年7月27日 03時23分

読了まで 27

ライブ配信も?ティム・クックらGAFAのCEOが7月29日の議会公聴会に出席予定

e committee on the Judiciary
 
GAFAと呼ばれる巨大テック企業最高経営責任者(CEO)の4名が現地時間7月29日のアメリカ下院独占禁止法委員会の公聴会に出席する予定です。Appleのティム・クックCEOも出席者に含まれており、公聴会でどのような証言を行うのか注目が集まっています。

GAFAのCEOが公聴会で証言予定

CEO-Tim-Cook-
 
アメリカ下院司法委員会が管轄する独占禁止法委員会は、Google、Amazon、Facebook、Appleの4社(GAFAが、テック市場に対して不正な形で影響力を行使していないか調査を行っており、当初は現地時間7月27日に公聴会が行われる予定でした。その後、7月27日には故ジョン・ルイス下院議員の追悼セレモニーが予定されたため、現地時間7月29日12時に公聴会が延期されています。
 
公聴会では、Googleの親会社Alphabetのサンダー・ピチャイCEOや、Amazonのジェフ・ベゾスCEO、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO、Appleのティム・クックCEOらGAFA全てのCEOに対して出席要請がなされているため、世界各地から注目されています。なお、公聴会に各CEOが直接出席するのか、それともリモートで参加するのかについては明らかになっていません。

AppleのApp Store問題に要注目

Appleは、App Storeで開発者から30%の手数料を徴収していることに関連し、欧州連合(EU)から独占禁止法違反の疑いで調査されており、アメリカ下院の独占禁止法委員会においても注目されていました。
 
また、先週にはMicrosoftのブラッド・スミス社長が独占禁止法委員会でAppleの問題にコメントしたと報道されています。
 
アメリカ大手メディアのUSA Todayによると、公聴会の様子はアメリカ下院司法委員会のWebサイトや、Youtubeでライブ配信されると言われています。なお、記事執筆時点では、ライブ配信予定時間が延期前の現地時間7月27日で表示されており、今後の日時修正が期待されます。
 

 
 
Source:USA Today
Photo:アメリカ下院司法委員会, Apple
(seng)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる