トップページ > 最新情報 > macOS Big Surの登録ユーザー向けパブリックベータ版が来週提供開始か?
2020年7月25日 00時05分

読了まで 138

macOS Big Surの登録ユーザー向けパブリックベータ版が来週提供開始か?

WWDC 2020 macOS Big Sur


 
macOS Big Surの登録ユーザー(パブリックベータ版テスター)向けパブリックベータ版が来週金曜日(現地時間2020年7月31日)までに提供開始されるだろうとの予想を、Macworldが伝えています。

登録ユーザー向けパブリックベータ版が未提供

iOS14やiPadOS14の登録ユーザー向けパブリックベータ版は既に提供されていますが、macOS Big Surのパブリックベータ版は未だ、開発者向けのみの提供となっています。
 
開発者向けのmacOS Big Surベータ版では既に、ベータ3が現地時間7月22日に提供開始となったことから、登録ユーザー向けのパブリックベータ版も来週金曜日までにはダウンロード可能になるだろうとMacworldは予想しています。

macOS Big Sur開発者向けベータ3の状況

開発者向けに提供されているmacOS 11 Big Surのベータ3では、「バッテリーアイコンの変更」などが行われています。
 
パブリックベータ版は、開発段階のバージョンであり、不具合が多く残されているため、日常的に使うメインのデバイスにはインストールしないことをお勧めします
 
 
Source:Macworld
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる