トップページ > 最新情報 > iPadOS15のコンセプトデザインが登場〜拡張されたウィジェット体験など
2020年7月21日 15時04分

読了まで 154

iPadOS15のコンセプトデザインが登場〜拡張されたウィジェット体験など

ipados15


 
iPadOSに今後追加されるかもしれない新機能を想像し、ビジュアライズした、iPadOS15コンセプトデザインが公開されました。

4つの新機能が追加?

BuzzFeedでマーケティング戦略を率いるパーカー・オートラーニ氏(@ParkerOrtolani)は、iPadOS15コンセプトデザインを制作し、Twitterで公開しました。
 
同氏が思い描いたiPadOSの新機能は、アプリライブラリProメニュー新しいホーム画面ウィジェットトレイの4つです。
 

アプリライブラリ

ipados15
 
画面左端のdockを呼び出し、アプリライブラリを立ち上げます。アプリを空のスロットにドラッグするか、Split Viewでアプリを開いて使用します。
 
ipados15
 

Proメニュー

ipados15
 
画面上部左端をスワイプダウンするか、時計の中をクリックしてProメニューを開きます。通知をチェックしたり、設定に飛んだり、iPadの再起動したりすることが可能です。
 
ipados15
 

新しいホーム画面

ipados15
 
新たなモジュラーホーム画面で、ウィジェットやアプリをどこでも好きなところに配置できます。異なるサイズのウィジェットやグループアプリを自由に追加したり、何もない空間へ動かすことも可能です。
 
ipados15
 

ウィジェットトレイ

ipados15
 
ウィジェットを空のスロットにドラッグするか、空のスロットをタップしてトレイを埋めます。横にスワイプして、iPad上のすべてのウィジェットを閲覧可能です。トレイをスワイプアップして閉じます。
 
ipados15
 
 
Source:@ParkerOrtolani/Twitter via 9to5Mac
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる