トップページ > 最新情報 > Apple、ポートレスiPhone用の充電ケースを開発中?〜新たな特許を取得
2020年7月17日 19時45分

読了まで 23

Apple、ポートレスiPhone用の充電ケースを開発中?〜新たな特許を取得

Portless iPhone bottom
 
Appleは、iPhone13シリーズ(2021年モデル)で登場するとも噂される、ポートレスiPhone用の新型Smart Battery Caseを開発中かもしれません。

2つのQiワイヤレス充電コイルを搭載

現地時間2020年7月16日に米国特許商標庁(USPTO)で公開された、「ワイヤレス・パワー・システム」の特許内容は、2つのQiワイヤレス充電コイルを搭載したバッテリー内蔵ケースに関するものです。
 
AppleInsiderによれば、本特許に記載されているバッテリー内蔵ケースでは、バッテリーケース本体を充電するための受電用コイルに加え、iPhoneを充電するための給電コイル(充電用コイル)が背中合わせに2つ配置されるようです。
 
この特許を採用した新型Smart Battery Caseが登場すれば、iPhoneの充電はLightning端子経由ではなくQiワイヤレス充電で行われるようになると、AppleInsiderは説明しています。
 
また、これを装着したiPhoneをQiワイヤレス充電パッドに置いた場合には、受電コイル及び給電コイルを通じてiPhoneが充電される、パススルー方式のようになるだろうと同メディアは予想しています。

iPhone13(2021年モデル)用か?

AppleInsiderは、「iPhone11用のSmart Battery CaseではLightning端子経由で行われているiPhone本体の充電も、Qiワイヤレス充電に変更するのであれば、それはLightning端子を持たないポートレスiPhoneで生じる問題に対応するためかもしれない」と記しています。
 
iPhone13はLightning端子もUSB-C端子も搭載しない、ポートレスiPhoneになるとの予想を、ジョン・プロッサー氏有没有搞措(@L0vetodream)氏が伝えています。
 
 
Source:USPTO via AppleInsider
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる