Samsung、iPhone向けOLEDの購入数不足でAppleに違約金を要求か

    Apple iPhone XS

    Apple iPhone XS/XS Max
     
    AppleのiPhone向けに有機EL(OLED)ディスプレイを供給するSamsung Displayが、Appleが当初の契約よりも少ない枚数しかOLEDパネルを購入していないとして、違約金の支払いを求めているようです。韓国メディアET Newsが報じています。

    数億ドル規模の違約金を要求か

    同メディアによれば、新しいiPhone向けにOLED発注契約を結んだ際、Appleは最低でも一定枚数を購入することを約束していました。しかし現在までの購入枚数が契約を大幅に下回っていることから、Samsung Display(以下Samsung)は数億ドル規模の違約金を要求しているようです。
     
    初めてOLEDをディスプレイとして採用したのはiPhone Xですが、iPhone X、そして翌年に発売されたiPhone XS/XS Maxの売上台数は、Appleの目標数字を達成することができませんでした。

    Apple向けA3工場の稼働率は50%に

    SamsungはiPhone向けに十分な量のOLEDを供給するために、同社のA3工場に2年以上の設備投資を行ってきました。同工場は、Appleのために建てられたものです。
     
    しかしiPhoneの売上低迷によりAppleからのOLED発注数が減り、現在A3工場は50%程度しか稼働していないとのことです。

    その他Apple製品へのOLED採用で相殺か

    とはいえ、Apple側はSamsungの違約金支払い要求にそのまま応じるつもりはないようです。ET NewsによればAppleもまた、Samsungから供給されたOLEDの一部に品質的な問題があったと苦情を申し立ています。一方で、その他Apple製品へのSamsungのOLED採用案を持ちかけているとの関係者情報もあります。
     
    いずれにしても、両社は互いに大きな損が出ないよう、話し合いを進めていると見られています。

     
     
    Source:ET News via SamMobile
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次