トップページ > 最新情報 > Apple Carは赤外線センサーとLiDARを併用して障害物を検知か?
2020年7月14日 23時56分

読了まで 150

Apple Carは赤外線センサーとLiDARを併用して障害物を検知か?

Apple Car IR
 
現地時間2020年7月14日に米国特許商標庁(USPTO)にて取得した特許情報から、Apple Carには障害物を検知するセンサーとして、近赤外光センサーも搭載される可能性があるようです。AppleInsiderによれば、このセンサーを用いたシステムはLiDARよりも安価だとのことです。

特許名「物体の検出と測距のためのリモートセンシング」

apple car infrared
 
今回公開された特許は、「物体の検出と測距のためのリモートセンシング」というもので、この中には物体を検出するための光源、回路、測距範囲に関する内容が記載されています。
 
AppleInsiderによれば、本特許では光源として垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)か、近赤外光センサーを用いることが記載されているようです。近赤外光センサーを利用する場合は、カメラもそれに対応した赤外線カメラになるようです。

複数のLiDARを使用したシステムと同様の機能を安価に実現か?

apple car lidar
 
個別の障害物を検出するLiDARと比較して、本特許で検討されているシステムは、近赤外光センサーを使用した広い範囲の監視に適しているようです。
 
近赤外光センサーとLiDARを併用することで、広い範囲をおおまかに監視しつつ、障害物も高い精度で検出できるシステムになると、AppleInsiderは説明しています。
 
最近はあまりApple Carの話題が聞かれませんが、本特許のような研究は続いており、将来に向けて市販化が検討されていることが期待されます。
 
 
Source:USPTO via AppleInsider, OSRAM
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる