トップページ > iOS > iPhone減速問題の米在住の該当者はAppleから25ドルの和解金がもらえる
2020年7月14日 07時16分

読了まで 24

iPhone減速問題の米在住の該当者はAppleから25ドルの和解金がもらえる

iphone6s バッテリー
 
Appleが旧機種のiPhoneで動作速度を抑制していた件は米国では集団訴訟に発展、今年2月に和解案がまとまりました。今後該当するiPhoneユーザーには通知が送られ、和解金の請求またはその他のオプションを選択することになります。

和解金総額は3億1,000万ドル〜5億ドル

和解案により、Appleは損害賠償を請求したiPhoneユーザーに対し、1人当たり約25ドルの和解金を支払うことになっており、総額は3億1,000万ドル〜5億ドル(約333億円〜536億円)に上る見通しです。
 
和解金の支払い対象となるのは、2017年12月21日の時点またはそれ以前に、iOS10.2.1以降のOSがインストールされたiPhone6、iPhone6 Plus、iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone SE、またはiOS11.2以降のOSがインストールされたiPhone7、iPhone7 Plusを所有していた米国在住者です。
 
現在、集団訴訟の原告向けに専用ページが設けられており、該当者は同ページから和解金の請求を含む法的権利を行使することができます。期限は2020年10月6日となっています。

発端はパフォーマンス管理機能

Appleは2017年1月公開のiOS10.2.1で、突然のシャットダウンを回避するため、iPhoneの動作速度を抑制するパフォーマンス管理機能を追加しましたが、当初はその事実を公表していませんでした。しかしベンチマークアプリGeekbenchの開発で知られるPrimate Labsの創業者、ジョン・プール氏が、バッテリーが古いとiPhoneの動作速度が抑制される傾向があることを指摘、世間の注目を集めることとなります。
 
Appleは2017年12月、ユーザーへの説明が不足していたことを正式に謝罪、バッテリー交換の割引プログラムを実施しています。
 
iOS11.3以降は、パフォーマンス管理機能を無効にするオプションが追加されています。

 
 
Source:集団訴訟のページ,MacRumors
Photo:iFixit
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる