トップページ > 最新情報 > ややこしい?「Thunderbolt 4」は「3」よりも転送速度は速くない
2020年7月9日 03時54分

読了まで 220

ややこしい?「Thunderbolt 4」は「3」よりも転送速度は速くない

Thunderbolt 4


 
Intelは現地時間7月8日、現行のデータ転送規格Thunderbolt 3の後継となる「Thunderbolt 4」の詳細を発表しました。同社は今年1月にこの最新規格について簡単に触れたものの、詳細は明かしていませんでした。

データ転送速度はThunderbolt 3と同じ

Thunderbolt 4は、既存の規格であるThunderbolt 3および、USB4と互換性があります。
 
「4」という名前から、Thunderbolt 3よりもデータ転送速度が速いのでは、と思いがちですが、Thunderbolt 4の最大データ転送速度は40Gbpsで、Thunderbolt 3と変わりません。

Thunderbolt 3とThunderbolt 4の違いとは

ではThunderbolt 3とThunderbolt 4では何が違うのでしょうか。
 
Intelによると、両規格の差は性能要件にあるようです。Thunderbolt 3では、40Gbpsのデータ転送が可能なケーブルは最長0.8mで、それ以上長くなると最大20Gbpsに制限されていました。しかしThunderbolt 4では、常時40Gbpsのデータ転送が可能で、ケーブルも最長2mまで対応します。
 
またThunderbolt 3は、コントローラ1台あたりのThunderboltドックのダウンリンクは最大2ポート、PCIeベースの最大データ転送速度は16Gbps、4K解像度の映像伝送が可能なのはディスプレイ1台のみでした。一方Thunderbolt 4は、ドックのダウンリンクは最大4ポート、PCIeベースの最大データ転送速度は32Gbps、4K解像度の映像伝送はディスプレイ2台まで可能(8K解像度なら1台)となっています。
 
またThunderbolt 4では、スリープ中のPCを、ドックに接続したキーボードやマウスから再開することができます。
 
thunderbolt4-comparison-chart-690x388

Thunderbolt 4ポートを装備したPCは年内に登場

なおIntelは、現在開発中のモバイルPC向けプロセッサ、開発コード名「Tiger Lake」にまずThunderbolt 4を統合すること、Thunderbolt 4対応のコントローラチップ「Intel 8000」シリーズを年内に提供開始することも明らかにしています。
 
Thunderbolt 4ポートを装備したPCおよび周辺機器は年末までに発売される見通しで、その中にはIntelが今年1月に発表した「Project Athena」製品も含まれるとのことです。
 

 
 
Source:Intel via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる