トップページ > 最新情報 > 【CES 2020】Intel、新モバイルプロセッサ「Tiger Lake」を発表
2020年1月7日 15時25分

読了まで 27

【CES 2020】Intel、新モバイルプロセッサ「Tiger Lake」を発表

CES 2020 Intel
 
Intelは現地時間1月6日、翌日の開幕を控えた「CES 2020」会場において、最新Coreモバイルプロセッサ、コード名「Tiger Lake」を披露しました。

ついに登場、Tiger Lake

Intelによると、Tiger Lakeは10nm+プロセスのCPUコアを採用し、新しいIntel XeグラフィックアーキテクチャベースのGPUを内蔵することにより、従来世代と比べパフォーマンスは2桁向上しています。Tiger Lakeを搭載したノートPCは年内に出荷開始予定です。
 
CES会場内では、Tiger Lakeのパッケージ(下の写真の男性が持っているのがTiger Lake)と、搭載ボードのサンプルも披露されました。ボードには従来比で4倍のスループットといわれるThunderbolt 4対応のUSB 3ポートが搭載されていました。
 
CES 2020 Intel

折りたたみノートPCと2画面ノートPC

またIntelは新たなフォームファクターのPCとして、画面が折りたたみ可能なノートPCとデュアルスクリーン搭載ノートPCを紹介しました。
 
Lenovoの折りたたみノートPC「ThinkPad X1 Fold」は、コード名「Lakefield」のコアプロセッサを搭載、今年中盤に発売予定です。Dellの「Concept Duet」は、キーボード部分を外すとデュアルスクリーンに変身します(写真は上がLenovo、下がDell)。
 
CES 2020 Intel
 
CES 2020 Intel
 
Intelはまた、折り曲げ可能な有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した、コード名「Horseshoe Bend」というノートPCもデモしました。同PCはTiger Lakeプロセッサを搭載し、折りたたんだ状態では12インチのノートPCですが、広げると17インチ以上のタッチスクリーンディスプレイになります。
 
CES 2020 Intel
 
さらにノートPC使用体験を刷新するためのプロジェクト、コード名「Project Athena」に準拠した、初のChromebookを2モデル発表したほか、XeアーキテクチャーをベースとしたディスクリートGPU、コード名「DG1」についても少しだけ説明しました。
 
 
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる