トップページ > 最新情報 > iOS13.5.1のiPhoneで「ミュージック」アプリが電力大量消費との報告
2020年7月9日 02時33分

読了まで 220

iOS13.5.1のiPhoneで「ミュージック」アプリが電力大量消費との報告

Music ミュージック アイコン
 
一部のiPhoneユーザーから「ミュージック」アプリがバックグラウンドで異常にバッテリーを消費している、との不具合報告が相次いでいます。iOS13.5.1がインストールされたiPhone各モデルで同様の現象が発生しています。

「ミュージック」アプリがバックグラウンドで電力大量消費

iPhoneの純正「ミュージック」アプリのバックグラウンド動作により、バッテリーが急激に減っている、との報告がAppleサポートコミュニティや掲示板サイトRedditに相次いでいます。
 
同様の現象は、6月初めにリリースされた最新バージョンiOS13.5.1をインストールしたiPhoneで発生しています。報告しているユーザーのiPhoneには新旧各モデルあり、特定のモデルの問題ではなさそうです。
 
Redditに投稿されたバッテリーの消費状態のスクリーンショットからは、「ミュージック」アプリのバッテリー消費が、バックグラウンドだけで95%を占めていることが分かります。
 
Reddit Apple Music Battery Drain
 

原因はAppleによるサーバー側での変更?

米メディアMacRumorsによると、「ミュージック」アプリがバックグラウンドでバッテリーを消費しているとの報告は4月頃からあったものの、先週から急激に増加しているそうです。
 
同メディアは、急激なバッテリー消費増の原因として、Appleがサーバー側で何かを変えたことが原因ではないか、と推測しています。

対処法はいくつかあるが成功率は低い

MacRumorsは、問題に直面したユーザーが試した対処方法として以下を紹介していますが、成功率は低いとのことですので、あまり期待しないほうが良さそうです。
 

  • 「ミュージック」アプリを強制終了
  • iPhoneを再起動
  • iPhoneをバックアップから復元
  • 「ミュージック」アプリを削除し、再インストール
  • 「設定」アプリの「ミュージック」メニューで「自動的にダウンロード」をオフにする
  • 「設定」アプリの「ミュージック」メニューで「モバイルデータ通信」をオフにする
  • 「ライブラリ」のダウンロードを全てキャンセルする

 
一部のユーザーは、iPhoneをバックアップから復元し、「ミュージック」アプリを削除したところ問題が解決したそうですが、「ミュージック」アプリを削除したiPhoneではApple Musicが利用できなくなってしまいます。
 
MacRumorsは、Appleが気付いて対応してくれることに期待しよう、と記事を締めくくっています。
 
 
Source:MacRumors, Apple Support Community, Reddit
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる