トップページ > 最新情報 > Facebook、再び個人情報流出問題が発覚
2020年7月5日 04時49分

読了まで 145

Facebook、再び個人情報流出問題が発覚

NRP-Clearer_Platform_Policies_FINAL


 
Facebookは現地時間7月1日、多数のアプリ開発者が、アクセス権の期限が切れたあとも、長期間にわたりユーザーの個人情報にアクセスできる状態になっていたことを明らかにしました。現在はこの問題は解消されていると同社は説明しています。

90日以上アプリを使っていないとアクセスできないはずが…

アプリなどにログインする際に、Facebookアカウントを使用する「ソーシャルログイン」を利用すると、IDやパスワードを設定しなくても簡単にログインすることができます。ただしこの場合、そのアプリ開発者に、Facebook上の個人情報へのアクセスを認めることになります。
 
しかしFacebookは2018年に、ユーザーが90日以上アプリを使っていない場合、アプリ開発者はそのユーザーのデータにアクセスできないようにすると発表しました。この変更は、最大8,700万人分もの個人情報をデータ分析コンサルティング会社Cambridge Analyticaに流出させた問題の発覚を受けたものです。

5,000人のデベロッパーがデータを継続して受け取っていた

Facebookの今回の発表によると、ユーザーが90日以上アプリを利用していないにも関わらず、約5,000人のアプリ・デベロッパーが、性別や言語などのユーザーの個人情報を受け取り続けていたことが判明したそうです。Facebookは発覚した日に問題を修正したとしています。

 
 
Source:Facebook via CNET
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる