Apple、「Swift Student Challenge」受賞者の作品を公開 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、「Swift Student Challenge」受賞者の作品を公開
2020年6月26日 23時22分

読了まで 154

Apple、「Swift Student Challenge」受賞者の作品を公開

Swift Student Challenge


 
Appleが主催する「Swift Student Challenge」は、毎年、WWDCに先駆けて開催されます。学生たちは、Swift Playgroundsを活用してオリジナルのアプリケーションを作成します。
 
同社は、2020年度の「Swift Student Challenge」の受賞者を発表しましたが、現地時間の6月25日、いくつかの学生の作品をApple Developerサイトで公開しました。
 

Swift Student Challenge受賞者の作品を公開

例えば、ブラジルの学生であるエンリケ・コント(Henrique Conto)氏は、3分間のタッチバーゲームを作成しました。プレーヤーは、若い開発者が洞窟から脱出するのを助けます。
 
フランスの学生ルイーズ・ピエリ(Louise Pieri)氏は、2つのレベルで構成されたゲーム「Meep」を作成しました。このゲームは、1つ目のレベルは全てが逆さまになっており、もう1つのレベルでは全てが正常になっています。また18歳のデビン・グリーン氏は、「Stanny」という名前のAIボットを作成しました。
 
Swift Student Challenge受賞者の作品詳細については、Appleの開発者向けサイト、Apple Newsroom、及びApp Storeをご覧ください。
 
2020年の受賞者は350人となり、受賞者にはWWDC2020デザインのジャケットとピンバッジのセットが贈られました。過去数年間、AppleのイベントWWDCに参加できる1599ドルのチケットも贈られていましたが、WWDC2020はオンラインのみのイベントとなり、誰もが無料で参加できました。
 
 
Source:MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる