トップページ > iPad Pro > ミニLEDディスプレイ搭載の12.9インチiPad Proが年内発売?韓国報道
2020年6月23日 00時53分

読了まで 159

ミニLEDディスプレイ搭載の12.9インチiPad Proが年内発売?韓国報道

Apple iPad Pro


 
次期12.9インチiPad ProにはミニLEDディスプレイが搭載され、すでに試験生産が開始されている、と韓国メディアThe Elecが報じています。

早ければ2020年内に発売?

The Elecによると、次期12.9インチiPad Pro用のミニLEDディスプレイは、LG Display製が供給する予定で、最終組み立てはFoxconnが担当する見通しです。
 
ミニLEDを搭載した12.9インチiPad Proは、すでに試験生産が開始されており、早ければ2020年第4四半期(10月〜12月)には発売される、とThe ElecはLG関係者から得た情報を元に伝えています。

著名アナリストは2021年以降発売と予測

Appleに関する精度の高い予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏は、Appleは今後、ミニLEDディスプレイ搭載のiPadやMacを相次いで投入する計画だ、と述べています。
 
同氏は、次期12.9インチiPad Proをはじめとする、ミニLEDディスプレイ搭載製品の発売時期を、3月には2020年内と予測していましたが、5月には「2021年までは発売されない」と予測を変更しています
 
クオ氏は最近、「ミニLEDディスプレイは、ARMベースプロセッサ、シザー式キーボードと並んで今後のMacBookシリーズの競争力アップに貢献する」との予測も明かしています。
 

高精細な表示が可能なミニLEDディスプレイ

ミニLEDディスプレイは、従来の液晶ディスプレイと比べて高精細な表示が可能で、将来のディスプレイ技術として期待されるマイクロLEDよりも低コストで製造できるのが特徴です。
 
Appleは台湾にミニLEDディスプレイの研究拠点を設置しており、台湾北部・新竹郊外への工場設置の許可を取得したと報じられています。
 
 
Source:The Elec via MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる