トップページ > 最新情報 > RS-232C端子搭載のストーブ!?、某製薬会社命名のような栓の名前も話題に
2020年6月22日 07時11分

読了まで 152

RS-232C端子搭載のストーブ!?、某製薬会社命名のような栓の名前も話題に

BEEP Akihabara RS-232C
 
クラシックMacintosh、MSX、PC98、X68000などのレトロPCを販売しているBEEP秋葉原のツイートが話題になっています。

RS-232C端子搭載のストーブ!?

同店のTwitterアカウント、アキハバラ@BEEP(@BEEP_akihabara)は6月20日、顧客が買取アイテムを持ち込んだ際に使用した段ボールに記載されたストーブの名前が、RS-232C端子搭載と勘違いさせるものだとツイートしました。
 


 
段ボールには「トヨストーブ・RS-S23C」と、パッと見にはRS-232Cと勘違いしてもおかしくないような型番が記載されています。

フォロワー間で大喜利状態

このツイートに対してフォロワーからは「ストーブだったらFireWireで繋いで欲しい」、「こぼれま栓はデータ漏洩なしという意味でしょうか」などのリプライが寄せられています。
 
「こぼれま栓」には、インパクトの強い製品名で話題の、あの製薬会社のネーミングに通じるものを感じます。
 
BEEP秋葉原は、クラシックMacintoshのユーズド品も取り扱っています。
 
 
Source:アキハバラ@BEEP/Twitter,小林製薬
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる