トップページ > 最新情報 > Galaxy Note20 Ultraは120HzのLTPOディスプレイを搭載!?
2020年6月20日 06時38分

読了まで 224

Galaxy Note20 Ultraは120HzのLTPOディスプレイを搭載!?

Galaxy Note20 Ultra


 
リーク情報で知られるIce universe氏(@UniverseIce)が、今年夏に発表見込みのSamsung Galaxy Note20 UltraのスペックをTwitterに投稿しました。
 
【追記】画像および動画はGalaxy Note10+のものです。

リフレッシュレート120HzのLTPOディスプレイ搭載

Ice universe氏が入手した情報によると、Galaxy Note20 Ultraは現行のNote10+の進化系といった位置づけでSnapdragon 865+を搭載、ディスプレイはLTPO、QHD+/120Hzで動作可能となっています。
 
詳細は不明ですが、カメラ機能および付属のスタイラスペン「SPen」の機能も向上している、と同氏は記しています。
 


 
Galaxy Note20 Ultraのベゼルは、Note10+と比べると両サイドはそれぞれ0.29ミリ狭く、上部と下部(あご部分)は合わせて0.4ミリ狭くなっているとのことです。ホール(おそらくカメラの穴)の直径は1ミリ狭まり、本体の厚みは0.ミリ薄くなった模様です。
 

iPhone12はやはりLTPOディスプレイを搭載しない?

Galaxy Note20シリーズが、リフレッシュレート120HzのLTPOディスプレイを搭載するとの情報は、ディスプレイに詳しいDSCCのロス・ヤング氏も以前から伝えていました。
 
ヤング氏、そして韓国メディアThe Elecが正しければ、LTPOディスプレイを年内に搭載するのはGalaxy Note20シリーズのみで、この秋発表見込みのiPhone12シリーズは搭載しないということになります。

 
 
Source:Ice universe/Twitter via Tom’s Guide
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる