トップページ > Apple Watch > 【動画】Apple Watchから排出される水、優雅に舞う
2020年6月19日 18時58分

読了まで 247

【動画】Apple Watchから排出される水、優雅に舞う

Apple Watch 排水 スローモーション
 
Apple Watchが本体内の水を排出する様子をスローモーション撮影した動画を、人気YouTubeチャンネルが公開しました。水の粒が踊るように動く様子を眺めることができます。

Apple Watchの排水機能をスロー撮影

Apple Watch Series 2以降のApple Watchは、スピーカーから断続的に音を出すことで振動を発生させ、内部に入った水を排水する機能があります。
 
Apple サポート「防水ロックの使い方と Apple Watch から排水する方法」
 
さまざまなスローモーション動画を撮影・公開し、チャンネル登録者数1,370万人を抱えるYouTubeチャンネルThe Slow Mo Guysが、Apple Watchから水が出てくる様子のスローモーション動画を公開しています。

高速度カメラを使い2,000fpsで撮影

Apple Watch内部に水を入れる状況を作るため、覚悟を決めた表情でバスタブに飛び込みます。
 
Apple Watch 排水 スローモーション
 
しばらくバスタブの中で泳ぎ、水が入ったところでスローモーション撮影です。
 
映像は、4K対応の高速度カメラ「Phantom Flex 4K」を使い、1,000fpsと2,000fpsで撮影します。
 
ちなみに、iPhone11 Proのビデオ撮影は通常が60fpsまで、スローモーション撮影で240fpsまでです。
 
Apple Watch 排水 スローモーション
 
Apple Watch側面に2つ並んだスピーカー穴のサイズは、1つあたり幅8ミリ、高さ1ミリです。
 
Apple Watch 排水 スローモーション
 
Digital Crownを回して排水すると、スピーカー穴から水滴が飛び出してくる様子が確認できます。
 
Apple Watch 排水 スローモーション
 
水中で排水機能を使うと、Apple Watch内の空気が細かい気泡となって飛び出してくるのが分かります。
 
Apple Watch 排水 スローモーション
 
このほかにも、Apple Watchから出てくる水がキラキラと舞う、幻想的な様子が楽しめる動画はこちらでご覧ください。
 

 

Apple Watch Series 2以降は水泳にも対応

Appleは、Apple Watchの耐水性能について、Apple Watch Series 2以降はプールや海で泳ぐことは可能ですが、スキューバダイビング、ウォータースキーなど高い水圧や深く潜るアクティビティは想定していない、と説明しています。
 
また、Apple Watch本体に石鹸やシャンプーが付くと、水密性や通音膜の性能低下を招くおそれがあるので、真水以外に触れた場合はきれいな水で汚れを除き、糸くずの出ない布で拭き取るよう案内しています。
 
Apple サポート「Apple Watch の耐水性能について」
 
新型コロナウイルス感染症に対応して更新された、製品のお手入れを案内したページには、以下の説明が掲載されています。
 

Apple Watch のお手入れに消毒剤を使っても大丈夫ですか?
70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプ (Clorox Disinfecting Wipes) を使い、Apple Watch、スポーツバンド、金属製バンドの外表面を優しく拭き取る分にはかまいません。布製や革製のバンドには使わないでください。漂白剤 (ブリーチ) は使わないでください。開口部に湿気や水分が入り込まないようにご注意ください。また、洗剤類の中に Apple Watch を浸さないでください。

 
 
Source:The Slow Mo Guys/YouTube, Apple (1), (2), (3)
(hato)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる