トップページ > 最新情報 > 厚労省の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」がリリース
2020年6月19日 18時01分

読了まで 219

厚労省の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」がリリース

cocoa
 
厚生労働省は6月19日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」を公開しました。iOSとAndroidの両方に対応していますが、19日18時現在Android版のストア検索ができない状態となっており、事実上iOS版のみがダウンロード可能となっています。

AppleとGoogleのAPIを使用

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の名称は、COVID-19 Contact Confirming Applicationから来ているとのことです。
 
厚労省はアプリの概要を以下のように説明しています。
 

  • 本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。
  •  

  • 利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

 
アプリは、AppleとGoogleが共同開発したExposure Notification APIを使用しており、プライバシーを保護しながらウイルスへの暴露の可能性を知らせることができます。
 
アプリページでは、プライバシー保護について次のように記されています。
 

本アプリの利用を開始すると、端末に固有の接触符号を生成します。本アプリを設定した端末どうしが近づくと互いの端末の接触符号を交換して、端末の中に保存します。接触符号は端末の外部には保存されません。接触符号は暗号化されており、後述するマッチする鍵情報と組み合わせない限り利用されません。接触符号の保存期間は14日間です。また接触符号は10-20分毎に変更されます。接触の履歴を、行政機関等の第三者が利用することはありません。

 
公開日から1カ月間は、アプリはあくまで試行版(プレビュー版)であり、継続的にデザイン・機能が改善されていくため、アプリが更新されている場合は最新バージョンに随時アップデートすることを厚労省は奨励しています。
 
アプリの対応言語は、日本語、中国語、英語となっており、無料でダウンロード可能となっています。
 

新型コロナウイルス接触確認アプリ 厚生労働省新型コロナウイルス接触確認アプリ
カテゴリ:メディカル
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:厚生労働省
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる