トップページ > 最新情報 > AppleとGoogleが共同開発のコロナの接触者追跡アプリのインターフェースが公開
2020年5月5日 14時58分

読了まで 21

AppleとGoogleが共同開発のコロナの接触者追跡アプリのインターフェースが公開

apple google covid-19
 
AppleGoogleは4月、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止対策のため、共同で接触者追跡技術を開発すると発表しました。今回、同技術を使用したアプリがどのようなユーザーインターフェース(UI)になるか、コンセプトアプリのスクリーンショットの写真が公開されました。

新コロ対策は2段階で構成

AppleGoogleの共同での取り組みは2段階で成り立っています。第1段階として、AndroidとiOSの端末間で相互運用が可能なアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)が5月に公開される予定です。
 
第2段階として、上記APIにBluetoothベースの濃厚接触検出機能を組み込んだプラットフォームの開発が計画されています。

AndroidとiOSそれぞれのUIが公開

AppleとGoogleは今回、接触者追跡アプリのUIのサンプルをリリースしました。AndroidとiOSバージョンがそれぞれ公開されています。
 

起動画面


 

 

結果の共有画面


 

 

曝露通知を受け取る流れ


 

 

通知の設定画面

apple google covid-19
 
apple google covid-19

新ポリシーも公開

UIのサンプルと同時に、「曝露(Exposure Notification)API」に関する新たなポリシーも発表されています。
 

  • アプリは政府の公衆衛生当局によって、もしくは当局の要請により作成されなければならない
  •  

  • アプリはAPIを使用する前にユーザー同意が必要となる
  •  

  • アプリは陽性の検査結果を共有する前にユーザーの同意が必要となる
  •  

  • アプリは最低限のデータを取得しなければならない
  •  

  • アプリの開発者は取得したデータをCOVID-19対策のみに使用できる
  •  

  • アプリは位置情報にアクセスできない

 
 
Source:TechCrunch
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる