トップページ > iPhone12 > 「iPhone12」用ケースの金型写真が流出、直線的なフレームが特徴
2020年6月15日 00時55分

読了まで 219

「iPhone12」用ケースの金型写真が流出、直線的なフレームが特徴

Weibo iPhone12
 
iPhone12」のケース製造用金型のものとされるリーク写真が、Weiboに掲載されたと中国メディアITHomeが報じています。
 

直線的フレーム、電源ボタンの位置変更が特徴

Weiboに投稿された、「iPhone12」用ケースの金型は、先日画像が公開されたiPhone12用ケースの製造にも使われているものと考えられます。
 
Weiboの投稿者は、「iPhone12」の外観上の特徴として、側面フレームが直線的なデザインとなっていること、電源ボタンの位置が下に移動して長くなっていることを挙げています。
 
Weibo iPhone12
 
3サイズの金型が並んだ写真も投稿されています。「iPhone12」シリーズは、5.4インチが1モデル、6.1インチが2モデル、6.7インチが1モデルの3サイズ4モデル構成になると予測されています。
 
Weibo iPhone12
 
「iPhone12」ではノッチが小型化するとの噂もありますが、この画像からは従来と同様のようにも見えます。
 
Weibo iPhone12
 
側面から撮った写真を見ると、iPhone4やiPhone5のように、直線的なデザインであることがはっきりします。
 
Weibo iPhone12
 
底面を見ると、USB Type-CではなくLightningを搭載すると予想されるポートの左右に、スピーカーとスピーカーの穴が設けられたデザインは従来と同じです。
 
Weibo iPhone12
 
金型の背面部分を見ると、iPhone11シリーズと同じく正方形のカメラ部分が確認できます。
 
Weibo iPhone12
 

トリプルカメラ+LiDARスキャナを搭載か

CAD画面を撮影したと思われる画像には、カメラ枠の中に4つの円が描かれています。これは、トリプルカメラに加えて、iPad Proと同じLiDARスキャナを搭載すると予測される上位モデル「iPhone12 Pro」「iPhone12 Pro Max」のものと考えられます。
 
Weibo iPhone12
 
側面のCAD画像を見ると、電源ボタンの位置が下に移動し、やや大型化していることが分かります。
 
Weibo iPhone12
 
Weibo iPhone12
 

7月に量産開始との報道も

「iPhone12」シリーズについては、台湾メディアDigiTimesが、量産前の検証を行う技術検証試験(Engineering Validation and Testing;EVT)の第2段階を6月末に完了し、7月には複数モデルの製造が開始されると報じています。
 
 
Source:Weibo, ITHome
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる