トップページ > 最新情報 > SIMフリースマートフォン顧客満足度調査でAppleが1位を獲得
2020年6月10日 18時34分

読了まで 222

SIMフリースマートフォン顧客満足度調査でAppleが1位を獲得

iPhone
 
J.D.パワージャパンは6月10日、「2020年SIMフリースマートフォン顧客満足度調査」の結果を公表しました。顧客満足度ランキング1位となったのはAppleで、1,000ポイント満点中662ポイントを獲得しています。

Appleは4項目で最高評価を獲得

「2020年SIMフリースマートフォン顧客満足度調査」は、携帯電話会社以外の販路(家電量販店やメーカーショップ等)でスマートフォンを購入し、MVNOまたは大手3キャリアのサブブランドにてSIMカードを契約している18歳〜64歳の男女を対象に、スマートフォン端末の満足度を調べる調査です。
 
本調査は2020年4月にインターネット上で実施され、対象者2,005人が回答をしています。
 
SIMフリースマートフォンを提供するメーカーにおいて、総合満足度が最も高かったのは1,000ポイント満点中662ポイントを獲得した「Apple」でした。
 
Appleは、「本体機能・性能」「外観・デザイン」「ディスプレイ」「カメラ」の4項目において最高評価を得ています。
 
2位は「バッテリー」と「端末価格」で最高評価を得た「HUAWEI(659ポイント)」、3位は「アフターサポート/保証プラン」で最高評価を得た「SHARP(609ポイント)」でした。
 
総合満足度は、上位メーカー(1位のApple、2位のHUAWEI)とそれ以降のメーカー(3位のSHARP、4位のASUS)ではスコアに50ポイント以上の大きな開きがみられ、特に「カメラ」の満足度の差が顕著なものになっています。
 
2020年SIMフリースマートフォン顧客満足度調査

使用年数が長くなるほど、端末満足度は低下

SIMフリースマートフォンの満足度は、使用経過年数が長くなるほど、低下傾向にあるようです。
 
J.D.パワージャパンは、SIMフリースマートフォン購入ユーザーに端末の買い替えサイクルを聞いたところ、「2年程度以内で買い替えたい」と回答したユーザーは約2割に留まり、多くは「3年以上同じ端末を利用したい」と回答しました。
 
しかし、端末購入から3年以上経過したユーザーと購入から1年以内のユーザーを比較すると、利用している端末の満足度は「3年以上利用しているユーザー」のほうが低く、約2割は別のメーカーを選びたいと回答しています。
 
3年以上同じ端末を利用しているユーザーは、「バッテリー」「本体機能・性能」「カメラ」の3項目に対して低い評価を付ける傾向があり、使用年数の経過とともにバッテリー持ちや動作性能にストレスを感じるユーザーが多くなっているようです。
 
スマートフォン端末の買い替えサイクル意向
 
 
Source:J.D.パワージャパン
Photo:Unsplash-Arnel Hasanovic
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる