トップページ > 最新情報 > ノッチレス化に向けた課題?〜ディスプレイ下カメラは光量不足?
2020年6月9日 06時26分

読了まで 214

ノッチレス化に向けた課題?〜ディスプレイ下カメラは光量不足?

Under display camera 02 SVT


 
Svetapple.skが、ディスプレイ埋込み型カメラ(ディスプレイ下配置型カメラ)の課題を解説しています。

ノッチレス・ディスプレイ埋込み型カメラ

Under display camera 03 SVT
 
Svetapple.skは、現在のディスプレイ埋込み型カメラは、ディスプレイに微細な穴を設け、そこを通じて光をセンサーまで届かせることで写真撮影を行うものですと説明し、この方式での長所と短所を解説しています。
 
このカメラの搭載によって、ディスプレイ上部のノッチ(フロントカメラハウジング)が無くせるのであれば、写真の画質が多少低下するとしても、多くのユーザーは、ノッチが無くなることを歓迎するだろうと、同メディアは予想しています。

ディスプレイ埋込み型カメラの一例

Under display camera 01 SVT
 
「ディスプレイ埋込み型カメラは、ディスプレイに微細な穴をミシン目のように設け、そこを通じてカメラセンサーに光を到達させているが、センサーまで届く光量は通常のカメラよりも少なく、そのままでは画質が低下する。ソフトウェアで補えるであろうが、未加工状態の写真の鮮明度では通常のカメラよりも劣る」と、Svetapple.skはカメラ面での短所を解説しています。
 
同メディアはディスプレイ面でも、「微細な穴を開けたことでその部分のピクセル数は低下、それが部分的な表示品質悪化に繋がっている」と解説、この方式でのディスプレイ埋込み型カメラには、「ノッチを無くせる」という長所だけではなく、「撮影品質および表示品質の低下」という短所もあると説明しています。

ノッチレスiPhone登場までの課題解決に期待と

Svetapple.skは、「ディスプレイ埋込み型カメラの課題解決にAppleは取り組んでいるかもしれない」とし、Appleの求める品質基準に達したディスプレイ埋込み型カメラが完成した時に、ノッチレスiPhone発表に至るのではないかと予想しています。
 
ノッチレスiPhoneについて、iPhone13でのミニLEDディスプレイ搭載情報(その後、マイクロLEDと訂正)が注目されたApple RUMORs(LEAKS)氏は、「iPhone13はフルスクリーンディスプレイになり、ノッチがなくなる予定だ」と伝えています。
 
著名リーカーの有没有搞措(@L0vetodream)氏は、iPhone13(2021年モデル)も含めて、ノッチレスiPhoneはしばらく登場しないと予想しているようです。
 
 
Source:Svetapple.sk
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる