トップページ > 最新情報 > Google、iOSデバイスで利用できるセキュリティキーのサポート拡大
2020年6月4日 16時26分

読了まで 157

Google、iOSデバイスで利用できるセキュリティキーのサポート拡大

Titan Security Key
 
Googleは現地時間6月3日、iOS13.3以降を搭載したAppleデバイスのGoogleアカウントで、W3C WebAuthnのネイティブサポートを開始しました。これにより、Googleアカウントへサインインする際に利用できるセキュリティキーのタイプが増え、高度な保護機能プログラムでも利用できるようになります。

利用できるセキュリティキーのサポートが拡大

今回の変更により、iOSユーザーは、NFCタイプのTitanセキュリティキーをiPhoneの背面にタップすることで、Googleアカウントにサインインできるようになります。
 
YubiKey 5CiなどのLightningまたはUSBタイプのセキュリティキーは、AppleのLightning-USBカメラアダプターを利用することでサインインが可能です。
 
USB-Cタイプのセキュリティキーは、iPad Proなど、USB-Cポート搭載のiOSデバイスに直接接続してGoogleアカウントにサインインできます。
 
Blueoothタイプのセキュリティキーや、iPhoneに組み込みセキュリティキーを導入している場合は、Smart Lockアプリをインストールすることで、iPhoneをセキュリティキーとして利用できるようになります。

高度な保護機能プログラムで、より高いセキュリティ

Googleは標的型攻撃のリスクが高いユーザーに対して、セキュリティキーを利用した高度な保護機能プログラムの利用を推奨しています。これは、物理的なセキュリティキーによる追加のアカウント保護を可能にする機能です。
 
高度な保護機能を利用した場合、Googleアカウントにログインする際に、パスワードに加えて物理セキュリティキーが必要になるため、2要素検証よりもより高いセキュリティレベルへの向上が期待できます。
 
 
Source:MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる