トップページ > 最新情報 > iPhoneをGoogleアカウントの2段階認証のセキュリティキーとして使用可能に
2020年1月16日 17時57分

読了まで 157

iPhoneをGoogleアカウントの2段階認証のセキュリティキーとして使用可能に


 
セキュリティキーを2段階認証プロセスで使用することで、ハッカーによるGoogleアカウントへのアクセス防止に役立つとされていますが、Android 7.0以上を搭載したAndroidスマホのみでなく、iPhoneもセキュリティキーとして使えるようになったことがわかりました。

「Google Smart Lock」アプリの最新アップデートで利用可能に

昨年4月にAndroidスマートフォンの組み込みセキュリティキーをGoogleアカウントの2段階認証プロセスの一部として使用できるようになりましたが、今回iPhoneも物理的なセキュリティキーとして使えるようになりました。
 
セキュリティキーを使った2段階認証は、ジャーナリストや活動家など、標的型オンライン攻撃の危険性が高い立場にあるユーザーには必須の機能です。
 
iPhoneをセキュリティキーとして使用するには、iOSアプリ「Google Smart Lock」の今週リリースされたアップデートをインストールし、アプリの指示に従って設定作業を行います。
 

 
Google Smart Lockアプリのアップデート内容に記されている「ビルドインセキュリティキー」とは何かという疑問を抱いたユーザーに対して、Googleで暗号エンジニアを務めるフィリッポ・ヴァルソーダ氏(@FiloSottile)は、「Secure Enclaveをセキュリティキーとして使用するということだ」と答えています。
 


 
 
Source:9to5Google, Google
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる