ミニLED搭載のMacBook Pro、iPad Pro、iMac Proが来年登場か

    macbook pro

    macbook pro
     
    ミニLEDディスプレイを搭載した12.9インチiPad Pro2021年の第1四半期(1月〜3月)16インチMacBook Pro第2四半期(4月〜6月)27インチiMac Pro来年上半期に発売される、との予測を調査企業GF Securitiesのジェフ・プー氏が発表しました。

    クオ氏の5月の予測とも内容が一致

    今回のプー氏の見方は、5月上旬の著名アナリストのミンチー・クオ氏の予測と内容が一致します。
     
    クオ氏の予測は、2020年第3四半期(7月〜9月)にミニLEDのサプライヤーであるEpistarやチップメーカーのFitTechがLED用チップの製造を本格化すること、2020年第4四半期(10月〜12月)にパネルや端末の組み立てが本格化すること(端末の組み立ては、2021年第1四半期にずれ込む可能性)の2点で構成されています。

    ミニLED搭載見込みのモデルのリストは異なる

    ミニLEDディスプレイは、現在のLEDよりも高精細ですが、将来のディスプレイ技術として期待されるマイクロLEDよりも製造コストが抑えられることから、次世代ディスプレイとしての普及が期待されています。
     
    クオ氏の予測では、12.9インチiPad Pro、10.2インチiPad、7.9インチiPad mini、27インチiMac Pro、16インチMacBook Pro、14.1インチMacBook ProにミニLEDディスプレイが搭載されるとのことですが、プー氏の予測の同ディスプレイ技術搭載モデルのリストには、10.2インチiPad、7.9インチiPad mini、14.1インチMacBook Proは含まれていません。
     
     
    Source:MacRumors
    Photo:Wallpaperflare
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次