2020年5月26日 23時28分

読了まで 153

ミニLED搭載のMacBook Pro、iPad Pro、iMac Proが来年登場か

macbook pro


 
ディスプレイを搭載した12.9インチ2021年の第1四半期(1月〜3月)16インチ第2四半期(4月〜6月)27インチ来年上半期に発売される、との予測を調査企業GF Securitiesのジェフ・プー氏が発表しました。

クオ氏の5月の予測とも内容が一致

今回のプー氏の見方は、5月上旬の著名アナリストのミンチー・クオ氏の予測と内容が一致します。
 
クオ氏の予測は、2020年第3四半期(7月〜9月)にミニLEDのサプライヤーであるEpistarやチップメーカーのFitTechがLED用チップの製造を本格化すること、2020年第4四半期(10月〜12月)にパネルや端末の組み立てが本格化すること(端末の組み立ては、2021年第1四半期にずれ込む可能性)の2点で構成されています。

ミニLED搭載見込みのモデルのリストは異なる

ミニLEDディスプレイは、現在のLEDよりも高精細ですが、将来のディスプレイ技術として期待されるマイクロLEDよりも製造コストが抑えられることから、次世代ディスプレイとしての普及が期待されています。
 
クオ氏の予測では、12.9インチ Pro、10.2インチiPad、7.9インチiPad mini、27インチiMac Pro、16インチMacBook Pro、14.1インチMacBook ProにミニLEDディスプレイが搭載されるとのことですが、プー氏の予測の同ディスプレイ技術搭載モデルのリストには、10.2インチiPad、7.9インチiPad mini、14.1インチMacBook Proは含まれていません。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Wallpaperflare
(lexi)

カテゴリ : Mac, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる