トップページ > 最新情報 > 安倍首相、政府のコロナ接触確認アプリは6月中旬公開「6割に普及で大きな効果」
2020年5月26日 01時34分

読了まで 29

安倍首相、政府のコロナ接触確認アプリは6月中旬公開「6割に普及で大きな効果」

安倍晋三内閣総理大臣 2020年5月25日記者会見 接触確認アプリについて
 
安倍晋三内閣総理大臣は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、政府が開発中の「接触確認アプリ」が6月中旬に公開予定と明かし、人口の6割弱に普及すればロックダウンを回避できるとの研究結果を紹介しました。

ロックダウン回避の「鍵」は接触確認アプリ

安倍総理大臣は、5月25日に開いた記者会見で、緊急事態宣言の全国的な解除を発表するとともに、2度目の緊急事態宣言や強制的ロックダウン(都市封鎖)を回避し、市中感染のリスクを大きく引き下げるための「鍵」が「接触確認アプリ」の導入だ、と紹介しました。
 
接触確認アプリについて安倍首相は、「スマートフォンの通信機能により、感染者との濃厚接触の可能性が高い皆さんに、自動的に通知することで早期の対策につなげる」と述べています。
 
日本政府 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 接触確認アプリ 仕様書案
 

「個人情報はまったく取得しない」安心を強調

安倍首相は、オックスフォード大学のシミュレーションについて言及し、「このアプリが人口の6割近くに普及し、濃厚接触者の早期確認が可能になれば、ロックダウンを避けることが可能になる、大きな効果が期待できる」と普及拡大の重要性を主張しています。
 
各国政府が開発するアプリの中にはユーザーの個人情報を収集するものもある中、日本のアプリは「個人情報はまったく取得しない、安心して使えるアプリ」であるとして、プライバシー保護を重視していることを強調しました。
 
そのうえで、日本政府のアプリは「来月中旬を目処に導入する」と発表し「多くの皆さんに活用いただきたい」と導入を呼びかけています。

AppleとGoogleが共同開発したAPIを活用

政府の有識者会議は、5月17日に接触確認アプリの仕様書を公開し、AppleとGoogleが共同開発したAPIを活用して開発を進めることを発表しています。
 
先日公開されたiOS13.5では、接触確認機能を利用するかをユーザーが選択できる「COVID-19接触のログ記録」メニューが追加されています。
 
iOS13.5 COVID19接触のログ記録
 

動画はこちら

安倍首相による、接触確認アプリに関する発言は動画の15分35秒あたりから視聴できます。
 

 
 
Source:首相官邸/YouTube
Photo:政府CIOポータル
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる