トップページ > 最新情報 > Apple Watchのヘルスケア機能、進化はまだまだ止まらない
2020年5月25日 11時52分

読了まで 152

Apple Watchのヘルスケア機能、進化はまだまだ止まらない

心電図
 
Apple Watchは発売以来、健康管理デバイスとしても進化を続けてきました。Apple Watchの重要な機能となっているヘルスケア機能の進化は将来的にもまだまだ止まらないとアメリカのネットメディアが分析しています。

watchOS7でも新機能

Apple Watchは発売以来、多くのヘルスケア機能を追加してきました。そのため今では心拍数計測心拍数急変通知心電図(一部地域で提供)、心拍異常検知(同)、騒音測定転倒検知月経周期の記録などの機能が利用できるようになっています。このような機能がユーザーの命を救った例は枚挙にいとまがなく、Apple Watchのヘルスケア機能の重要性は広く知れ渡るところとなっています。
 
watchOS6
 
また深刻な症状が現れていないユーザーの普段の健康管理にも、Apple Watchは不可欠な存在であり、Appleもさらなるヘルスケア機能の追加を目指しているとされます。watchOS7では血中酸素濃度の計測ユーザーのストレス状態の判定睡眠状態の追跡も可能になると予想されています。またキッズモードを搭載する可能性も指摘されており、大人だけでなく子供の健康状態も管理できるようになると予想されています。
 
Apple watchOS6
 
Apple Watchのヘルスケア機能に関する特許は継続的に申請されているのが確認されており、Apple内でも活発に研究・開発が進められていることが推測できます。こうした活発な活動はApple Watchに未知の機能が追加されることを示唆しており、Apple Watchのヘルスケア機能はまだまだ進化する可能性が高いと考えられています。
 
 
Source:AppleInsider
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる