トップページ > Apple Watch > Apple Watchの新作文字盤、iOS13.5のインストールで追加可能に
2020年5月21日 08時33分

読了まで 157

Apple Watchの新作文字盤、iOS13.5のインストールで追加可能に

iOS13.5 プライド文字盤
 
iOS13.5のインストールにより、watchOS6.2.5で追加された「プライドエディション」の新デザイン文字盤が一部ユーザーのApple Watchで利用できない問題が解決しました。

一部ユーザーで利用できなかった新作文字盤

Appleが、LGBTQを支援するプライド月間の6月にあわせた、プライドエディションの新デザインの文字盤をwatchOS6.2.5で提供すると予告していました
 
Apple Watch 2020 プライド バンド
 
ところが、watchOS6.2.5の公開後も、一部ユーザーから、2020年デザインの文字盤がiPhoneの「Watch」アプリでもApple Watchでも表示されず、利用できないとの声があがっていました
 
Apple Watchの文字盤を長押ししてカスタマイズすることで、「プライドデジタル」「プライドアナログ」といった一部の新デザインは利用可能となるものの、その他の新デザインは利用できないままでした。
 
この問題は、日本時間5月21日未明に公開されたiOS13.5をiPhoneにインストールすることで解決され、すべての文字盤が利用可能となっています。
 
筆者のApple Watch Series 5では、「Watch」アプリで追加した一部の文字盤がApple Watchに反映できない問題がありましたが、Apple Watchを再起動したところ、反映されるようになりました。

プライドエディションのバンドも発売

プライドエディション文字盤は、2018年から提供されています。今年のデザインはストライプが太くなるとともに、パステルカラーが採用されています。
 
プライドエディションのApple Watch用バンドも新作が発売されており、2020年モデルではバンドの穴にレインボーカラーの縁取りを施したNikeスポーツバンドが追加されています。

 
 
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる