トップページ > 最新情報 > 楽天モバイル、2021年3月までに人口カバー率70%を目標に
2020年5月14日 15時22分

読了まで 210

楽天モバイル、2021年3月までに人口カバー率70%を目標に

Rakuten UN-LIMIT


 
楽天は5月13日、2020年度第1四半期の決算発表をオンライン上で行い、同社が今年4月よりスタートした「Rakuten UN-LIMIT」の申込状況や通信基地局建設の目標についても発表しました。

オンライン経由での申込みが堅調

楽天モバイルは、自社回線を用いた携帯キャリアサービス「Rakuten UN-LIMIT」を4月8日よりスタート、先着300万人には同サービスを1年間無料で利用できるキャンペーンを実施しています。
 
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全国の楽天モバイルショップは4月6日より臨時休業となっていましたが、「Rakuten UN-LIMIT」の申込みは堅調で、オンライン経由による申込みが96.5%にも上っているそうです。
 
楽天モバイル-申込状況
 
また、1年間無料キャンペーンを実施しているため、1日あたりのデータ通信量も日々増加しており、他社と比べたデータ通信量は約3倍、楽天Linkアプリ経由の通話はVoLTEと比べて2倍に上っています。
 
楽天モバイル-ネットワークスケールの拡大

基地局数は当初の計画を上回るスピードで建設

「Rakuten UN-LIMIT」の通信基地局数は、2020年3月末時点で電波発射済みの基地局数が4,738、契約締結済みの基地局数が4,555で、当初計画していた3,432を上回るペースとなっています。
 
楽天モバイル-通信基地局建設の前倒し
 
楽天モバイルは今後通信基地局の建設を加速し、2021年3月までに自社基地局だけで人口カバー率70%を目標にしているとのことです。
 
楽天モバイル-通信基地局建設の加速

今後さらなる施策を打ち、契約者数を増やしていく

楽天モバイルは先着300万名を対象に「Rakuten UN-LIMIT」のサービス料金が1年間無料になるキャンペーンを実施していますが、現時点ではまだ300万人に達していません。
 
その理由として、プロモーション活動を積極的に実施しておらず、楽天モバイルの新サービスや無料キャンペーンが大きく認知されていないことを挙げています。
 
楽天モバイルは、1日の申込数が急激に増えても受け入れられる体制を整えた上で、今後さらなる施策を行い、契約者数を増やしていくと伝えています。
 
 
Source:楽天 via マイナビニュース,ITmedia Mobile
Photo:楽天モバイル
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる