トップページ > iPhone > 「iPhone SE Plus」の発売は2021年下半期に延期?
2020年4月22日 06時55分

読了まで 158

「iPhone SE Plus」の発売は2021年下半期に延期?

iphone se


 
Appleは、先日発売したiPhone SE(第2世代)の大画面バージョンであるiPhone SE Plusの発売を、2021年下半期へと遅らせるかも知れないと、著名アナリストが予想しています。

12月には2021年上半期に発売と予想

TF International Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏は、昨年12月に投資家向けに配布したメモにおいて、iPhone SE Plus(この時はiPhone SE 2 Plusと通称されていた)が、2021年上半期に発売されると予想していました。
 
しかし現在は、iPhone SE Plusは2021年後半まで登場しないと考えているようです。
 

以前のレポート(2019年12月)では、Appleは新しいiPhoneモデルを2021年上半期に発売すると予測していた。しかし(現在は)Appleは新モデルの発表を2021年上半期から下半期へと延期する可能性が高いと考えている。

iPhone SE Plusは電源ボタンにTouch IDを搭載か

iPhone SE Plusのディスプレイサイズは5.5インチまたは6.1インチで、iPhone11シリーズに似たフルスクリーンデザインながら、Face IDではなくTouch IDを搭載するとクオ氏は予測しています。Touch IDはiPhone側面の電源ボタンに搭載されるというのが、12月時点でのクオ氏の予想です。
 
またiPhone SE Plusのノッチ部分には自撮りカメラ、マイク、スピーカーのみが格納されるため、ノッチのサイズも小さくなる見通しです。
 
クオ氏はiPhone SE Plusの価格については触れていませんが、Touch IDを搭載する「SE」シリーズという位置づけなら、Face ID搭載モデルよりは安くなるでしょう。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる