トップページ > iPad Pro > 5G対応iPad Pro、発売は来年に繰り越しか〜新コロの影響で遅延?
2020年4月21日 19時37分

読了まで 158

5G対応iPad Pro、発売は来年に繰り越しか〜新コロの影響で遅延?

ipad pro


 
5G対応、ミニLEDディスプレイiPad Proが今年後半に発売されると予測されていましたが、発売は2021年に繰り越しとなる可能性が高い、と台湾の日刊紙「聯合報」が伝えています。

発売は2021年春になる?

ミニLEDディスプレイiPad Proは、当初2020年10月〜12月に登場するとの見方でしたが、新型コロナウイルスの影響により、発売は来年春に繰り越される見込みとのことです。
 
次世代iPad Proの生産は、FoxconnとCompalが担い、筐体はKecheng、タッチパネルはShuangxiong GISとTPK、バッテリーはXinpuにより供給される見通しです。
 
調査企業IDCのデータによれば、世界タブレット市場は近年飽和状態となっており、昨年の出荷台数は1億4,400万台と、年間で1.5%縮小したことがわかっています。
 
AppleはiPadの売上を促進するため、テクノロジーのアップグレードと周辺機器の追加に力を入れているとされています。先月、新型iPad Proが発売となりましたが、Apple製品として初めてLiDARセンサーがデバイス背面に搭載されたことで話題となりました。

10,000個のLEDが搭載か

ミニLEDディスプレイは、より幅広い色域性能と高いコントラストが期待されており、ハイダイナミックレンジ合成(HDR)にも対応する見込みです。また、LEDの発光量を個別にコントロールすることでコントラストを高めるローカルディミングも実装される予定です。
 
Pro Display XDRが576個のLEDを搭載しているのに対して、次世代iPadのミニLEDディスプレイには、おおよそ10,000個のLEDが埋め込まれるともいわれています。
 
 
Source:聯合報 via 9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : iPad Pro, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる