2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Macの出荷台数、2020年1月〜3月期に21%減〜新コロで生産に打撃

    mac

    mac
     
    2020年第1四半期(1月〜3月)のMacの出荷台数は、対前年同期比で20.7%減となる310万台にとどまったことが、IT専門調査会社IDCの調査で明らかになりました。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中国の生産施設が閉鎖されたことによる影響を受けたものとみられています。

    リモートワークや自宅学習が増加もMacの出荷台数は減少

    新型ウイルスの感染拡大防止のため、多くの国や地域でリモートワークや自宅学習が推奨されていますが、意外にもMacの出荷台数は著しく減少したことがわかりました。IDCいわく、「近年まれに見る落ち込み」とのことです。
     
    Macの出荷台数が2020年1月〜3月期に310万台へと減少したことにより(前年同期390万台)、MacのPC市場に占める割合も6.6%から5.8%へと低下しました。
     
    Appleは現在PCブランドとして、Lenovo、HP、Dell、Acerに次ぐ世界第5位となっています。

    PC市場全体が縮小

    2020年第1四半期にパソコンの出荷台数が落ち込んだのはAppleだけではありません。PC市場全体も9.8%縮小し、全ブランドを合わせた出荷台数は5,320万台にとどまりました。
     
    IDCは、2月の中国の工場閉鎖が長引いたことと、3月末の生産再開の遅延が、PCの出荷台数減少につながったと分析しています。
     
    「(新型ウイルスの)状況がさらに悪くなると危惧している人々が多くいるため、消費者と企業は次の数カ月間支出を抑える可能性がある」とIDCの研究マネージャーのジテシュ・ウブラーニ氏はコメントしています。
     
    Apple以外のPCブランドの出荷台数も、2020年1月〜3月期に減少がみられました。業界1位のLenovoの出荷台数は対前年同期比で4.3%減となり、HPとAcerもそれぞれ13.8%減、9.9%減となりました。
     
    Dellはわずかに出荷台数が増加しており、対前年同期比で1.1%増となっています。
     
     
    Source:IDC via Cult of Mac
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次