濃厚接触追跡システムには憲法上の問題、トランプ大統領が懸念表明 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 濃厚接触追跡システムには憲法上の問題、トランプ大統領が懸念表明
2020年4月15日 13時06分

読了まで 147

濃厚接触追跡システムには憲法上の問題、トランプ大統領が懸念表明

トランプ大統領


 
AppleとGoogleが共同で開発している新型コロナウイルス感染拡大防止のためのスマートフォンを利用した濃厚接触追跡システムには大きな期待が集まっています。しかしアメリカのトランプ大統領はこのシステムを素晴らしいものと評価しつつも憲法上の問題があると指摘しています。

導入に向けて協議

AppleとGoogleはスマートフォンのBluetooth通信を利用した濃厚接触追跡システムの開発に着手しています。このシステムで取得する端末情報は暗号化され、また個別端末に割り振られるIDも短時間で新しいものに更新されるなど、個人情報が第三者に知られることがないような工夫が施されています。そのためシステム自体にプライバシー保護に関する大きな問題があるようには見えません。
 
Apple Google
 
しかしトランプ大統領の見解は異なるようです。大統領はこのシステムを素晴らしいものと評価しつつも、システムには合衆国憲法に抵触する大きな問題があると指摘しています。具体的にどの部分が憲法上どのような問題を引き起こすのかには言及しませんでしたが、アメリカ政府がこのシステムを利用することには現時点では否定的とも取れる発言をしています。
 
ただトランプ大統領は憲法上の問題について決断するとも述べており、今後4週間で協議を重ねていくとしています。今後、アメリカでAppleとGoogleの濃厚接触追跡システムが使用されるかは4週間の協議とトランプ大統領の決断次第なのかもしれません。
 
 
Source:AppleInsider
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる