トップページ > iOS > 音楽ストリーミングサービス、Apple Musicが世界で2番目のシェア
2020年4月13日 22時34分

読了まで 24

音楽ストリーミングサービス、Apple Musicが世界で2番目のシェア

AppleMusic
 
Counterpoint Researchの発表によれば、2019年、音楽ストリーミングサービスのトップシェアはSpotifyで、シェア2位がApple Musicという結果になりました。

Apple Musicの売上高は増加傾向

2019年、音楽ストリーミングサービス全体のサブスクリプションは前年比で32%増加しており、加入者は3億5,800万人に上っています。

 

音楽ストリーミングサービスのトップシェアSpotifyの売上高は、全体の31%で、Apple Musicの売上高は24%と、シェア2位になっています。Apple Musicの有料サブスクリプション契約数は着実に伸びており、前年比で36%の増加ということです。

 

シェア3位はAmazon Musicで、その後にTencent Music、YouTube Musicが続きます。

Amazon、Apple、Googleなども音楽ストリーミングサービスに注力

Spotifyは、3カ月間Spotify Premium無料など、プロモーションの効果もあり、音楽ストリーミングサービスでトップシェアを維持しています。

 

一方で、Amazon、Apple、Googleなどの大企業も資金力を武器に音楽ストリーミングサービスに力を入れ始めているため、シェア争いは激しくなっています。Apple Musicは、アプリの改善などを行っており、より多くのサブスクリプションを獲得したい考えです。

音楽ストリーミングサービス全体の収益は今後増加する可能性

音楽のオンラインストリーミングサービスの契約数は、1年もすれば25%以上増加すると見込まれており、2020年末までに契約数は4億5,000万に上る可能性があります。

 

Apple Musicは2019年6月に、課金を行ったユーザーが6,000万あったと公表しましたが、2020年の数字についてはまだ公表されていません。

 
 
Source:Counterpoint Research via MacRumors
Photo:Apple
(david)

カテゴリ : iOS, iPhone, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる