トップページ > 最新情報 > ウェアラブルサービス提供企業、COVID-19の早期発見目指し研究チームに参加
2020年4月7日 23時18分

読了まで 153

ウェアラブルサービス提供企業、COVID-19の早期発見目指し研究チームに参加

whoop


 
ウェアラブル端末を使ったアクティビティトラッキングサービスをサブスクリプション制で提供するWhoopが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の早期発見を目指し、複数の研究機関と共同研究を行うことが明らかになりました。

感染者は症状が出る数日前に呼吸速度が速くなる傾向

月額30ドル(約3,270円)でウェアラブル端末のリースとアクティビティ分析サービスを提供するWhoopは、米オハイオ州のクリーブランド・クリニックとオーストラリアのセントラルクイーンズランド大学と共同で、COVID-19の早期発見に関する研究を開始する見通しです。
 
Whoopの最高経営責任者(CEO)のウィル・アハメド氏によれば、すでに同社のアプリにはCOVID-19の検知機能が追加されているとのことで、これまでに「COVID-19の感染者は症状が出始める2日〜3日前に呼吸速度が速くなる傾向があることがわかっている」と同氏は米Fox Newsのインタビューで答えています。
 


 
なお、Appleもアメリカ疾病予防管理センター(CDC)とパートナーシップを組み、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを自己診断できるツールの提供を開始しています。
 
 
Source:Cult of Mac
Photo:Whoop
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる