トップページ > Mac > macOS 10.15.4でMacが突然再起動などのバグが発生
2020年4月7日 08時24分

読了まで 142

macOS 10.15.4でMacが突然再起動などのバグが発生

macOS Catalina
 
macOS 10.15.4で、サイズの大きなファイルの転送中にシステムがクラッシュするなどのバグが報告されています。Appleは対応に取り組んでおり、macOS 10.15.5での修正が待たれます。

大容量ファイルのコピーで発生

日本時間3月25日に公開されたmacOS 10.15.4でシステムがクラッシュする問題について、ストレージソフトのSoftRAIDは、多くのI/Oスレッドを処理する際のバグで、30GB以上の大容量ファイルを一度にコピーした場合などにシステム全体が影響を受けている、と分析しています。
 
SoftRAIDは、この問題をAppleに報告しており、今後のアップデートで修正されるだろう、と説明しています。

スリープからの復帰後にMacが再起動などの問題も

このほかにも、macOS 10.15.4にアップデートして以降、Macをスリープ状態から起動した後にシステムが再起動する、といったバグに関する報告が、Appleのサポートフォーラムや、MacRumorsの読者フォーラム、RedditやTwitterで相次いでいます。
 
このほか、スリープ状態のMacに接続したハードディスクの回転数が上昇と下降を繰り返す問題も指摘されています。この場合、ハードディスクが損傷する危険性もあります。
 
 
Source:MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる