トップページ > 最新情報 > iPhoneに突然表示される不審なカレンダー通知に注意 IPAが注意喚起を実施
2020年3月31日 13時03分

読了まで 216

iPhoneに突然表示される不審なカレンダー通知に注意 IPAが注意喚起を実施

iCloudカレンダー
 
情報処理推進機構(IPA)は3月30日、今年1月から3月にかけて、「iPhoneのカレンダーから、ウイルスに感染しているという通知が出る」「iPhoneのカレンダーに身に覚えのないイベントが入っている」といった相談が複数寄せられていると発表しました。
 
iCloudカレンダーの「共有機能」などを悪用したスパム・詐欺と見られ、同社は注意喚起を行っています。

カレンダーのイベントにURLを記載、スパムサイトへ誘導

今回IPAに相談が寄せられた手口の流れは、以下のとおりとなっています。
 

  1. iPhoneに身に覚えのないカレンダーの通知が表示される
  2. iPhoneのカレンダーに身に覚えのないカレンダーやイベントが登録されている
  3. イベントのタイトルには「ウイルスに感染している可能性があります」、「あなたのiPhoneは保護されていません!」などと記載されている
  4. イベントにはURLが記載されている

 
iPhoneに突然表示される不審なカレンダー通知
 
イベント内のURLをクリックすると不審なサイトに飛び、不審なセキュリティ対策アプリ等のインストールをするように誘導されたり、メールアドレス・電話番号・クレジットカード情報などの個人情報を入力するよう促されたりする恐れがあるようです。
 
今回の手口は、iCloudカレンダーの「共有機能」や「出席依頼機能」を悪用したもので、自分のiCloudメールがなんらかの方法で第三者に知られたことで発生したと考えられます。

不審なカレンダー通知が届いた場合の対処方法

IPAは今回の手口の対処方法として、不審なカレンダーやイベントの参加依頼があっても「参加」や「欠席」、URLなどを安易にタップしないように注意喚起を行っています。
 
また、身に覚えのない共有カレンダーがある場合は共有カレンダーを削除する、共有カレンダーやイベントの参加依頼が届いた場合は参加依頼のスパム報告を行うように説明しています。
 

身に覚えのない共有カレンダーの削除方法

 
共有カレンダーの削除方法
 

  1. カレンダーアプリを起動
  2. 「カレンダー」をタップ
  3. 該当カレンダーのiをタップ
  4. 「カレンダーを削除」をタップ

 

身に覚えのない共有カレンダー・イベントの参加依頼の削除・スパム報告の方法

 
共有カレンダーの参加依頼を削除・スパム報告する方法
イベントの参加依頼を削除・スパム報告する方法
 

  1. カレンダーアプリを起動
  2. 該当の共有カレンダー、イベントの「スパムを報告」をタップ
  3. 「削除してスパムを報告」をタップ

 
 
Source:情報処理推進機構(IPA)
Photo:Apple
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる