トップページ > 最新情報 > A12ZはA12Xの名前を変えただけ、GPUコアはもともと8コア?
2020年3月27日 18時42分

読了まで 152

A12ZはA12Xの名前を変えただけ、GPUコアはもともと8コア?

A12 Die Shot


 
新型iPad Proに搭載されたA12Zは、GPUコア数が7コアだったA12Xに、「1コア追加して8コアにしたもの」と報じられてきましたが、実際は、「無効になっていた1コアを有効にしたもの」のようです。

A12XのGPUコア数は7コアか8コアか

A12ZA12Xでは無効にされていた1コアを有効にして、もとからあった8コア全てを使えるようにしたものだと、Notebookcheckが報じています。

A12XのGPUコア数を検証

NotebookcheckはTechInsightsにA12ZとA12XのSoCダイの分析を依頼し、下記の報告を受け取りました。

A12Xは8基のGPUコアを備えていることを確認しました。A12Zについても解析を行い、A12Xとの違いを確認する予定です。
 
TechInsights シニア・テクノロジー・フェロー
ユウゾウ・フクザキ

特別な手法ではない

Notebookcheckは「物理コアを無効にしておき、高いSKUにて有効化することは珍しいことではありません。NVIDIA Titan RTXでは4,608基のCUDAコアがすべて有効になっていますが、同じTU102 GPUコアであるRTX 2080 Tiでは、4,352基のCUDAコアしか有効にしていませんでした」と他の具体例を用いて説明しています。

A14Xの開発に注力か

Appleは、A12ZとA12Xを基本的に同じSoCにして開発リソースを削減し、5G iPad Proが搭載すると噂されるA14Xに注力しているのだろうと、Notebookcheckは報じています。
 
 
Source:Notebookcheck
Photo:TechInsights
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる