トップページ > Apple Watch > Apple Watch、対中制裁関税の対象から外れる
2020年3月24日 07時17分

読了まで 149

Apple Watch、対中制裁関税の対象から外れる

Apple Watch
 
AppleのApple Watchが、対中制裁関税の対象から外れたことがわかりました。Appleは以前より、同製品を対中関税リストから外すよう、申請していました。

当初15%だった追加関税

米メディアBloombergによると、米通商代表部(USTR)は現地時間3月20日、Apple Watchが対象から外れたことを、Appleに文書で通知したとのことです。
 
トランプ政権は昨年9月、Apple Watchを含む多くの製品に15%の追加関税を課しました。その後米国・中国政府間の交渉により、関税率は2月に半分の7.5%へと引き下げられています。その時点ではApple Watchもリストに含まれていました。
 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は以前より、対中制裁関税によりSamsungとの競争が厳しくなると訴え、自社製品を対象から外すよう訴えていました。

Apple製品11種が関税対象に

米メディア9to5Macによると、Appleは昨年11月にAirPods、HomePod、Beats製品、iPhone部品を含む11種の製品および部品を、制裁関税の対象から取り除くよう要望、一部のMac Pro部品については要求を通すことに成功しています。しかしすべてのApple製品が制裁関税を免れているわけではありません。
 
Apple Watchは近年着々と売上を伸ばしている製品だけに、対象から外れたことがAppleにとって大きな意味を持つのは確かです。

 
 
Source:Bloomberg via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる