トップページ > iOS > iOS14のコードが大きめのiPhone9 Plusの存在を示唆〜A13チップを搭載か
2020年3月17日 07時18分

読了まで 221

iOS14のコードが大きめのiPhone9 Plusの存在を示唆〜A13チップを搭載か

iphone9 se 2
 
流出した「iOS14」のソースコードから、iPhone9(iPhone SE 2)だけでなく、サイズが大きめの「iPhone9 Plus」も発売される可能性が浮上しました。iPhone9とiPhone9 Plusの両機に、A13チップが搭載されることを示すコードも発見されました。

すでに多くの情報であふれるiPhone9

iPhone9(SE 2)に関する情報はすでに多く出回っており、4.7インチのLCD、ホームボタン、Touch IDを搭載するとの見方が濃厚になっています。
 
米メディア9to5Macがリークされた「iOS14」のソースコードの解析をさらに進めた結果、次期iPhoneに関する新たな情報が明らかになりました。

5.5インチのiPhone9 Plusも登場か

AppleはiPhone8の筐体をベースにしたiPhone9だけでなく、サイズが大きめの「iPhone9 Plus」も開発していることを示すコードが見つかりました。
 
iPhone8、iPhone8 Plusのラインナップと同じく、iPhone9とiPhone9 Plusの画面サイズはそれぞれ4.7インチと5.5インチになる見込みです。

iPhone11シリーズと同じA13 Bionicチップを搭載か

流出したiOS14のソースコードには、昨年発売されたiPhone11シリーズに搭載されているのと同じA13 Bionicチップが搭載されることを示す記述も含まれていました。iPhone6やiPhone7を使用しているユーザーにとっては良い買い替え動機になるだろう、と9to5Macはコメントしています。
 
iPhone9、iPhone9 Plusには、iPhone7で導入されたソリッドステートホームボタンが搭載される見通しです。Taptic Engineにより、指で押した感覚をシミュレートすることで、ハードウェア故障の低減が可能となります。

Face IDではなくTouch IDを採用

iPhone9シリーズはパワフルなチップを搭載する見込みですが、あくまでエントリーレベルモデルとして販売されるため、Face IDよりも実装が安価で済むTouch IDが採用されるとみられています。
 
またiPhone9シリーズは、Apple Payのエクスプレスカード機能に対応するともいわれています。加えて、iPhone XR、iPhone XS、iPhone11と同じく、特定のアプリを起動せずにシステムのバックグラウンドでNFCタグを読み取ることができる「Background Tag Reading」への対応も予測されています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:XiteTech
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる