トップページ > Apple Watch > Apple、watchOS6.2ベータ5を開発者向けにリリース
2020年3月12日 07時58分

読了まで 141

Apple、watchOS6.2ベータ5を開発者向けにリリース

Apple Watch
 
Appleは現地時間3月11日、開発者向けに、watchOS6.2ベータ5をリリースしました。ベータ4の公開から1週間でのリリースとなります。
 
watchOSは他のOSとは異なり、一般登録者向けのパブリックベータプログラムは存在しません。

Apple Watch App Storeがアプリ内課金に対応

watchOS6.2では、Apple Watch App Storeがアプリ内課金に対応します。開発者はApple Watchアプリにアプリ内購入やサブスクリプションのオプションをつけることが可能になります。

watchOS6.2は「CarKey」をサポート

またiOS13.4ベータのソースコードには、iOS13.4を搭載したiPhoneだけでなく、watchOS6.2を搭載したApple Watchも、NFC機能経由で自動車のキーとして使えるようになる(「CarKey」に対応する)との記述が見つかっています。
 
watchOS6.2の正式リリース時にCarKey対応となるかどうかは不明ですが、Appleが開発に取り組んでいるのは確かです。

 
なお現在正式公開されている最新版は、watchOS6.1.3となります。

 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(lunatic)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる