Appleはインドで生産体制を整えるのに苦労している? - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Appleはインドで生産体制を整えるのに苦労している?
2020年3月6日 20時18分

読了まで 159

Appleはインドで生産体制を整えるのに苦労している?

iphone se インド


 
インドでの生産体制の拡大を模索しているAppleですが、国内の厳しい労働法、不十分な安全衛生基準、保守的な貿易政策が、インド国内で生産されるスマートフォン部品の価格高騰につながっている、とサブスクリプションメディアThe Informationが伝えています。

サプライヤーの一つは責任基準を満たせず

「例えば、Appleは2018年にインド・ベンガルールに工場を持つサプライヤーSuperpacksにアプローチしたが、サプライヤー責任基準の監査を行ったところ、数十項目にわたる違反が確認された。生産現場は化学物資を保管するための安全基準を満たしておらず、騒音と排水のモニタリングが十分に行われていなかった。加えて、環境・建設許可がちゃんと取得されていなかった。従業員の飲み水の検査もしっかり行われておらず、消火栓もなかった」とAppleに近い情報筋はコメントしています。
 
Appleは、Superpacksに違反点の改善を行うよう数カ月間にわたって指導しましたが、同インド企業は連絡を怠り、何度も締切に遅れたとされています。Appleは最終的に、Superpacksとは業務委託契約を結ばないことを決定したとのことです。なお、Superpacksからはコメントは得られていないようです。

多くの生産施設は中国に集中

生産地の多様化を目指すAppleは、iPhone7の組み立てを担うWistronなどのインド国内サプライヤーとすでに契約を結んでいますが、多くの生産施設はまだ中国にあるのが現状です。
 
Appleは、インドでのオンライン販売を2020年後半に開始し、2021年にはApple Store店舗をオープンする計画を先月末に明かしています。
 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、インドへの直営店進出は米トランプ政権のおかげと米ニュース番組で語っています。
 
 
Source:The Information via MacRumors
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる