トップページ > iPhone > 中国BOE、iPhone向けOLEDサプライヤーとなるべく生産工場に新たな投資
2020年2月26日 11時52分

読了まで 154

中国BOE、iPhone向けOLEDサプライヤーとなるべく生産工場に新たな投資

Apple iPhone11 Pro ディスプレイ
 
Samsung、LG Displayに続き、iPhone向け有機EL(OLED)サプライヤーとなるべく、中国BOEが有機EL(OLED)生産工場に新たな投資を行ったことがわかりました。韓国メディアET Newsが報じています。

現在はSamsungとLGが供給

同メディアが関係筋から得た情報によると、BOEはApple専用のOLEDモジュール生産ラインを設置するために投資を行い、四川省に位置する同社の「B11 OLED」工場内に、新たに10のモジュールラインを建設する計画とのことです。
 
スマートフォン向けOLED市場ではSamsungが圧倒的なシェアを占めており、iPhone用OLEDディスプレイについても、当初はSamsungが独占的に供給していました。しかしサプライヤーを1社に絞ると、不測の事態が発生した場合のリスクが高まるほか、金額交渉が難しくなりコスト高につながります。
 
その後LG DisplayがAppleに対しOLEDの供給を開始し、iPhone11シリーズ向けでは全体の10%を供給しているといわれています。

新ライン建設はAppleからの受注が目的

BOEは2017年頃から、iPhone向けOLEDサプライヤーとなるべく名乗りを上げていたものの、Appleの求める水準に到達できずにいました。
 
ET Newsによれば、今回のOLED工場への投資はAppleとの契約締結を意味するものではなく、OLEDの品質を上げ、Appleから受注を獲得するためのもののようです。
 
BOEがSamsung、LGに続く第3のiPhone向けOLEDサプライヤーとなるのか、業界の注目が集まっています。

 
 
Source:ET News via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : iPhone, 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる