トップページ > iOS > OutlookがついにSplit ViewとSlide Overに対応
2020年2月8日 21時39分

読了まで 137

OutlookがついにSplit ViewとSlide Overに対応

outlook
 
Microsoftは現地時間の2月4日、メールおよび個人情報管理アプリのOutlookの最新バージョンをリリースしました。今回のアップデートにより、iOSおよびiPadOS環境下でSplit Viewなどのマルチタスク機能が使用できるようになりました。

去年発表された新しい機能

Outlookがマルチタスク機能に対応することは、昨年から発表されていました。今回のアップデートにより、マルチタスク機能が実装されることで、iPad上でSplit Viewが使用できるため、左半分にブラウザ、右半分にOutlookという使い方ができるようになります。

 

また、Slide Overも使用できるため、全画面表示でブラウザを使用しながら、Outlookでメールを返信することもできます。ドラッグ&ドロップもできるため、ファイルや写真の移動もより簡単になります。

iOS12以降のバージョンに対応

今回の新機能を使用するには、iOS12かそれ以降のバージョンが必要です。また、一部のマルチタスク機能はiPadOS13のみに対応しています。
 

 
 

Source:9to5Mac
Photo:Apple
(david)

カテゴリ : iOS, iPad, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる