トップページ > 最新情報 > Apple Watch、2019年は推定3,070万本出荷 スイスの時計産業全体を大幅に上回る
2020年2月7日 09時05分

読了まで 156

Apple Watch、2019年は推定3,070万本出荷 スイスの時計産業全体を大幅に上回る


 
2019年のApple Watchの出荷本数は3,070万本だったとの推計を調査会社Strategy Analyticsが発表しました。この出荷本数は前年に比べて36%増加しており、Apple Watchの好調さを反映した推計となっています。

スイス時計産業全体を上回る

調査会社Strategy Analyticsの推計によるとApple Watchは2018年に2,250万本が出荷され、2019年は前年比で36%増にあたる3,070万本が出荷されたとされます。Apple Watchはモデルチェンジを繰り返すたびに新しい機能を搭載し、またApple Watchでできることの認知度も上がってきており、Appleのウェアラブル部門を支える大きな柱となっています。
 
今回発表された推計はこの好調さを裏付けるものであり、Apple Watchの販売がさらに拡大していくことを予感させる数字となっています。ちなみに3,070万本という数字はスイスの時計産業全体の出荷本数(2,110万本)を大きく上回るものです。
 
Apple Watch
 
スイスの時計産業はライバルであるApple Watchが好調に推移した影響もあり、2019年の出荷本数は前年の推計値(2,420万本)より13%減少しています。結果として2019年の出荷本数の推計値はApple Watchがスイスの時計産業全体を上回ることとなり、Appleが腕時計業界でも大きな影響力を持つ地位を手に入れたことがわかります。
 
なお2017年のホリデーシーズンにApple Watchがスイスの時計を出荷台数で上回ったこともあるのですが、年間を通してこれほど大差で上回ったことは両者の関係に決定的な差がついてしまったことを意味しそうです。
 
 
Source:Strategy Analytics via MacRumors
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる