トップページ > 最新情報 > Appleのティム・クックCEO「コロナウィルスはAppleに影響を与えている」
2020年1月29日 18時05分

読了まで 147

Appleのティム・クックCEO「コロナウィルスはAppleに影響を与えている」


 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、中国にあるApple Storeの1つを閉鎖し、国内の従業員の移動を制限していることを米メディアCNBCに対して明らかにしました。

武漢市エリアの従業員に予防キットを配布

新型コロナウィルスが猛威をふるっていますが、Appleは中国国内の従業員に対して移動を控えるよう命じており、国内のApple Storeの1つを閉鎖したことがわかりました。また、Apple Storeの営業時間の短縮も行われていることがわかっています。
 
「武漢市エリアの従業員には、予防キットを提供しており、中国全土の従業員にも同じキットを配布している」とクックCEOは述べています。

店舗の入店者数にも影響

Apple Store以外のApple製品を取り扱う小売卸業者も店舗を閉めているため、デバイスの販売台数に影響が出る可能性が懸念されています。
 
「過去数日間にわたって、武漢市外の店舗の入店者数も減少している」とクックCEOはコメントしています。
 
新型コロナウィルス感染者が多く出ている武漢市に大規模な生産施設を構えるFoxconnは、十分な対策を講じており、生産活動に影響は出ていないと主張しています。
 
仮に武漢市のサプライヤーが通常稼働できなくなったとしても、Appleには代替サプライヤーが存在しますが、3月の発売が噂されているiPhone SE 2の生産が遅れる可能性が指摘されています。
 
 
Source:CNBC
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる